勝ち負けにはキリがない

女性は、何かと勝ち負けにこだわってしまう生き物です。
勝ち組になりたいと願う女性はもちろん多いですが、その願いには上限はありません。口に出して言わなくても、女性同士の間では火花が散っていることも多いのです。美人のほうが勝ち組と一般的には思われますが、基準が曖昧であるために、誰の目から見ても特別な容姿でなければ、美人か否かは論点になりません。
例えば既婚者と未婚者では、一人の男性に選ばれているという点で既婚者が勝ち組のようです。未婚者がいくらモテていようと、独身主義だと吹聴しようと関係ないのです。未婚者自身が、既婚者に対してなぜか負け意識を抱いてしまっていることも多いようです。
そして既婚者の中では、子供がいるほうが勝ち組のようです。これは、子供がいる人が勝手にそう思い込んでいるフシもあるのですが、「幸せなママ」像に軍配が上がるようです。子供が優秀なほうが勝ちとなるわけですが、やんちゃな子供のママは「自然派」「のびのび派」を前面に押し出す作戦をとったりします。
また、夫のポジションが上だと勝ちというところもあるようです。勤務先の知名度や収入などの違いで勝ち負けが決まるようです。もちろん収入に余裕があるほうが、衣服やヘアメイクなどオシャレにお金をかけることができるので、見た目にわかりやすく勝ちを誇示できるようです。これもまた、勝手に敗北感を持ってしまう人も多く、その場合も「自然派」作戦が適用されることもあるようです。いずれにしても、上を見ても下を見てもキリがなく、自分の首を絞めているということを覚えておきましょう。